診療について

nikukyu.png地域貢献としての地域野良猫不妊手術について

CA390352.JPG毎年春と秋の頃に、生まれて間もない猫の赤ちゃんを保護して当院(SAC)に相談に来られる方が何人かおられます。また、SACの玄関に段ボール箱に入れられた子猫ちゃんが捨てられていたことも何度かありました。 望まれない出産で捨てられる哀れな子猫チャンは後を絶ちませんが、飼い主さんのいない、いわゆる『野良猫』が出産すれば、もっと悲惨なケースが多く、飢え死に、カラスやイタチに食べられる、病死など、あるいは保健所に運ばれて処分されます。運良く生き延びたとしても野良猫となり、また出産を繰り返し悲惨な状況は続きます。野良猫は公園や空き地などに住み着いており、餌やり問題など周辺住民の方達の理解が得難く、地域社会問題になっているのが現状です。
 SACでは、野良猫の出産による哀れな子猫ちゃんを少しでも少なくするために、当院周辺の公園になどに住み着いているねこちゃんの不妊手術を月1回行っています。毎月第3日曜日(変更することあり)の午後を不妊手術としておりますので、ご希望の方は相談してください。当分の間は SAC周辺の野良猫(地域ネコ)に限定していますが、少しづつその範囲を広げて行きたいと思っておりますので、皆様のご協力をよろしくお願いします。 野良猫の手術をご希望の方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

kazari01.jpg

kazari01.jpg