診療について

nikukyu.png予 防 診 療

yobo_shinryo.png狂犬病予防接種


生後3ヶ月以上の健康なわんちゃんが対象です。毎年4~6月の予防週間に集合注射が行われますが、病院では随時接種できます。



yobo_shinryo.png混合ワクチン接種


犬は生後1年未満では2~3回の接種が必要ですが、成犬は毎年1回の接種です。ジステンパーウィルス、犬伝染性肝炎ウィルス、パルボウィルス、 アデノウィルス、コロナウィルス、パラインフルエンザウィルス、レプトスピラ症などの感染症に対する予防ワクチンです。7種あるいは8種混合ワクチンとして接種します。
ネコのワクチンはウイルス性鼻気管炎、カリシウィルス感染症、汎白血球減少症、猫白血病ウィルス、クラミジア感染症のワクチンで、3、4あるいは5種混合として、犬と同様に生後1年未満は2回の接種、成猫には毎年1回の追加接種が必要です。



yobo_shinryo.pngフィラリア症予防


蚊が媒介する疾病、重症になると心肺機能に異常をきたし、突然死することがある。毎年5~12月が予防週間。月1回の飲み薬、年1または2回の注射で予防可能です。フィラリア症は犬に感染する疾患と思われがちですが、近年、ネコにも感染することが報告されています。

LinkIconネコのフィラリア症について



yobo_shinryo.pngノミ、ダニの寄生予防


ノミ、ダニによるアレルギー皮膚炎の予防に1~2ヶ月に1回駆虫します。 



yobo_shinryo.png歯科検診、歯石除去


幼犬、幼猫の時期から歯磨きの習慣をつけて、歯科疾患の予防に努めます。また、定期的に歯の検診を受けることにより、乳歯残存、歯石の付着、歯周病、歯槽膿漏、齲歯、破折、摩耗による露髄などの異常を早期に発見して歯の損失を防ぎます。

LinkIcon歯科診療、歯磨き指導について



yobo_shinryo.png避妊、去勢手術


生後6、7ヶ月から1年までに手術をうけることにより、本来の不妊させること以外に種々の疾患の発生を低下あるいは消失させることができます。
LinkIcon避妊、去勢手術について

kazari01.jpg

kazari01.jpg